屋根工事の種類|高石市の外壁塗装店コーラルリーフ

屋根工事の種類

屋根は、風雨や雪などから家を守り、快適な室内環境を維持する役割を担っています。だからこそ、屋根のメンテナンスはお家を維持するために欠かせないものです。
経年劣化によって屋根材が劣化したり、破損したりすると、雨漏りなどの問題が発生する可能性がありますので、定期的な屋根点検を行い、必要に応じて屋根工事を検討することが重要となります。

そこで今回は、屋根のメンテナンスの種類について紹介します。

補修工事

屋根材の一部が破損している場合などに、その部分だけを修復する工事です。

・お家を建ててから日が浅い
・屋根自体の劣化が少ない状態だが、なんらかの原因で屋根材が割れてしまった

こんなときに適するメンテナンス方法です。

補修部分のみのメンテナンスの場合は費用が安価で済みますが、屋根全体の劣化の進行を止めることは難しいため将来を見越したメンテナンスにはおすすめできません。
近い将来に屋根メンテナンスを考えている場合は、コストもムダにかかってしまう可能性がありますので注意してください。

塗装工事

屋根に塗装を行い、見た目を美しくするとともに、防水性を向上させる工事です。

・色褪せが目立つ
・お家を建ててから10年前後になる
・全体的に劣化している

こんなときに適するメンテナンス方法です。

カバー工法や葺き替え工事よりは安価な施工方法で、定期的に外壁メンテナンスを検討している場合には塗装がおすすめです。
屋根塗装をする際は、外壁と屋根の塗料の耐久性を同じくらい持つもので考えると、次回のメンテナンス時も考えやすく、屋根と外壁を一緒に工事することで足場の費用も抑えられるため、ポイントとして覚えておいてください。

カバー工法

既存の屋根材を撤去せずに、新しい屋根材を重ね葺きする工事です。

・劣化が進んでいる
・塗装と相性が悪い屋根材へのメンテナンス
・屋根を撤去せずに、屋根自体の耐久性を向上させたい

こんなときに適するメンテナンス方法です。

葺き替え工事に比べ工期が短く、費用を抑えることができるというメリットがあります。
劣化が進んでいる場合に適するメンテナンスとしてあげていますが、既存の屋根材や躯体自体の劣化が激しいとカバー工法でも対応が出来ない場合があります。
できるだけ劣化が少ない状態で行うことがオススメです。

葺き替え工事

既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材を葺き替える工事です。

・劣化がかなり進んでいる
・雨漏りしている
・屋根裏・内部まで、なんらかの影響が出ている
・既存の屋根が重くて不安

こんなときに適するメンテナンス方法です。

屋根工事の中で最も確実な工法ですが、工期が長く、費用も高くなります。
さらに既存の屋根にアスベストが含まれている場合はさらに費用がかかる場合がありますので注意してください。

最後に

屋根の現状や屋根材の種類、費用によって適する工事は異なりますが、屋根メンテナンスで失敗しないためにも工事の種類について把握しておくことがおすすめです。

高石市の外壁塗装店コーラルリーフでは全ての工事に対応しています。
お客様の希望とご自宅に必要なプランをすり合わせて提案していますので、気になる点はお気軽にご相談下さい。